FC2ブログ

記事一覧

新型コロナウイルスに対するアロマテラピー精油による感染予防についての考察


※本記事はAromaLab.HAGION 伊藤独自の見解によるものです。
エッセンシャルオイルの効果を保証するものではありません、ご了承下さい。
また、体調に異変を感じたら自身での判断は控え、直ちに医療機関を受診してください。



NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会認定アロマ・インストラクター
AHIS 健康包括支援協会認定 嗅覚反応分析士 インストラクター

AromaLab.HAGION-アロマラボ ハギオン-の伊藤です。

表題のとおり、今回は猛威をふるっている新型コロナウイルスについて考えていきます。

内容がデリケートなため、冒頭に注意書きをさしました。ご理解のほどよろしくお願いします。



■コロナウイルスとは?
以下、抜粋

1.風邪のコロナウイルス

ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。HCoV-229E、HCoV-OC43が最初に発見されたのは1960年代であり、HCoV-NL63とHCoV-HKU1は2000年代に入って新たに発見された。


ウイルス学的特徴

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起が見られる。形態が王冠“crown”に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する“corona”という名前が付けられた。ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。脂質二重膜のエンベロープの中にNucleocapsid(N)蛋白に巻きついたプラス鎖の一本鎖RNAのゲノムがあり、エンベロープ表面にはSpike(S)蛋白、Envelope(E)蛋白、Membrane(M)蛋白が配置されている(図1)。ウイルスゲノムの大きさはRNAウイルスの中では最大サイズの30kbである。遺伝学的特徴からα、β、γ、δのグループに分類される。HCoV-229EとHCoV-NL63はαコロナウイルスに、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-HKU1はβコロナウイルスに分類されている。

(参考 URL より抜粋 : https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html )


上記は厚生労働省のHPから抜粋したものです。



■また、新型コロナウイルスの構造としては、以前流行したSARSウイルスと酷似しているそうです。

(参考URL : https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012248301000.html

https://www.asahi.com/articles/ASN1P71Z0N1PPLBJ00B.html )




■精油の抗ウイルス作用は、ウイルスのエンベロープという脂質の膜へ働きかけます。

新型コロナウイルスの構造がSARSコロナウイルスと類似したRNAウイルスであるのならば、エンベロープは必ずもっていると思いますので、精油による予防は充分意味があることと考えることが出来ます。

また、SARSコロナウイルスに対する精油の研究では、以下のような結果が得られています。

“ベイローレル(Laurus nobilis) : SARS-CoV IC50 : 120mg/mL 、β-ocimene, 1,8-cineole, pinene も有効、 Lozzo et al.2008”
(参考文献 : 「抗菌アロマテラピーへの招待」井上 重治、安部 茂、著)


つまり、ベイローレルという植物の精油にSARSコロナウイルスへの作用が確認出来たということなんですが、残念ながらこの種の精油は、少なくともぼくの周りでは取り扱いはありません。

しかし、後述に

“β-ocimene, 1,8-cineole, pinene も有効”

と、あります。

どの程度の量でどのぐらいの効果があったのかという詳細な記述がないことが若干気になりますが、これらの成分を持つ精油はいくつか紹介が出来ます。


◆β-ocimene を含有する精油

cis体
・タラゴン

trans体
・タラゴン
・ネロリ
・オポポナックス

β-ocimeneにはcis体とtrans体の二種が存在し、そのどちらもSARSコロナウイルスへの作用が存在すると考えられます。

精油では、特にタラゴンには両体合わせて10~30%程度含まれています。


◆1,8-cineole を含有する精油
・ユーカリラディアタ(60~75%)
・ラヴィンツァラ(45~65%)
・ローレル(35~55%)
・他、多数

1,8-cineole は比較的多くの精油に含まれる成分で、上記3種の精油には30~75%と多くの量が含まれています。


◆pinene を含有する精油
・アカマツヨーロッパ(30~85%)
・サイプレス(45~70%)
・ジュニパー(30~45%)

pineneもまた多くの精油に含まれる成分で、α体とβ体が存在します。
上記の精油では、30~85%ほどpineneが含まれています。


以上です。

今回紹介した精油を超音波式のディフューザーで室内へ散布することで、少なからず予防効果が得られるのではないかと考えます。

注意してほしいことと言えば、熱を使って散布をおこなってしまうと成分が変質してしまうため、充分な効果を得ることができません。

しかしながら、当然これらのデータは新型コロナウイルスに対するものではありませんし、精油による確かな効果を保証するものではありません。

冒頭にもありますとおり、使用はあくまで自己責任のもと、体調に異変を感じた際はすぐに医療機関を受診してください。



AromaLab.HAGION-アロマラボ ハギオン-は、愛知県豊田市にある小さなアロマテラピーのスクールです。

◆NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザー養成講座

◆AHIS 健康包括支援協会認定 嗅覚反応分析士 入門講座

などの資格講座をはじめ、

◆はじめてのアロマテラピー

◆精油の勉強会

◆ゆるく楽しむアロマの会

など、各種の講座をマンツーマン~少人数制のクラスにて行っております。

詳しくはホームページをご覧ください



AromaLab.HAGION ホームページ
http://aromalab-hagion.crayonsite.com
スポンサーサイト